初診~定期検診まで

患者さんの症状、お悩みは、一人として同じではありません。

初めていらした方の全身と口腔の状態を正しく診査・診断するために、またお口の中の状態を患者さん自身にご説明しご理解いただくために、次のような流れをとっております。

問診票の記入とバイタル測定

口腔内には、全身疾患の様々な症状が現われてきます。既往歴や服用薬等の問診票をご記入いただきます。また平常時のお体の状態を把握するために、血圧と脈拍を任意にて測定させていただいております。

デジタルX線写真撮影

口腔内全体を把握するために、パノラマトモグラフィーX線写真をお撮りいたします。

口腔内写真の撮影

口腔内の現状の記録と、より分かりやすく状態のご説明ができますように口腔内写真を撮影いたします。

歯周病の進行度検査

歯肉の状態・歯周病の進行状態を診査するために、歯周検査をいたします。(当院では、より正確に歯周の状態を把握するために、すべての歯の精密検査を実施しております。)

口腔内診査とご説明

以上の検査と口腔内診査により、検査結果や写真をお見せしながら現在の問題点や診療計画を詳しく御説明いたします。

検診のすすめ

生涯、ご自身の歯の健康を守るためには、毎日の正しいブラッシングと定期的に口腔内の健康状態を確認するための検診が必要不可欠です。 治療を何度も繰り返し、その連鎖の末に歯を失っていくことのないようにするために、「治療のために歯科医院にお通いになる」のではなく、「歯の健康を守るためにお通いいただく」ことが検診の理想であると考えます。