安心・安全な診療を行うために

チームによる診断・治療計画

私どもは、診療に取り組む際、3名以上の歯科医師でレントゲンX線写真やCT写真などを用いてカンファレンスをいたします。患者さんそれぞれの治療計画及び術式を歯科医師間で共有することにより、さまざまな視点から最良、最善な方針を選択いたします。


技工物はすべての院内にて製作

すべての技工物に対して、担当医自ら仕上がりまでの徹底した一元管理することで、患者さんひとりひとりに合った最良の技工物を製作することが可能です。経験を積んだ技工士が担当医とともに、患者さんの歯の色合い、顔貌との調和を確認させていただきます。(日本口腔インプラント学会認定技工士 資格取得)


歯科衛生士による予防の管理

口腔内の状態はもとより、基礎疾患や常用薬、生活習慣などを総合的に判断し、担当医が患者さんに適した予防法を決定いたします。それに基づき、歯科衛生士が適切なブラッシング法や生活習慣のアドバイスをご指導いたします。(日本口腔インプラント学会認定衛生士、日本歯周病学会認定歯科衛生士 資格取得)


消毒・滅菌の管理

専任のスタッフが常に診療所を巡回し、徹底した感染予防と清潔な診療室を心がけております。診療器具は滅菌パックし、高圧蒸気滅菌器で滅菌されて、滅菌消毒室から各診療室に随時運ばれています。治療を受けられる患者さんにとって、安心、安全な診療体制を管理しております。


エックス線のデジタル化

精密な解剖学的情報を得るためのデジタルCT 撮影装置や被爆量を軽減できるデジタルX線装置を完備しております。デジタル化により、アナログ撮影よりも格段に少ないX線量で迅速な撮影を可能にしました。